スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ留学☆思い出日記 ~受験編~

渡独2日後、さっそくアーヘン音大の教授にレッスンを受けに行きました。

レッスン後、教授に少し気に入っていただけたようで「もし興味あるなら今度レッスンの聴講してもいいよ」と言われ、数日後に聴講させてもらえる事になりました。

このレッスンの帰り道に人生で初めて、黒人さんからナンパされました。しかも3人組・・・

色々話しかけられ怖かったものの、拙いドイツ語でなんとか断り帰宅しましたが、この日の夜は怖かったので、ちゃんと鍵をかけてから寝ました。(←普段はオートロックだったので特に何もしてませんでした。)

2,3日経っても黒人さんが押しかけてくることは無く、私は週末気分ルンルンで聴講の為、音大に向かいました。

その時は多国籍の生徒さん(アジア系、ロシア系、南欧系)のレッスンを5、6時間くらいがっつり聴講させて頂いたのですが、皆すごく上手でとても勉強になりました☆

さすが世界から集まってきてるだけあるなぁ、と思いました。

テクニックも音楽性も素晴らしかったですし、その上で皆自分の個性、長所を活かした演奏をしていました

思い切って留学に来たかいがあった、とまだ何も始まってないのに感じたりしましたw

数日後、その教授にもう一度レッスンして頂き、受験日を迎えました。

実は、受験の数日前に教授に「今の完成度で院に受かるのは難しいと思う。僕は大学の3回生から編入することをお勧めするよ。そっちだったら受かると思う。今からでも変更できるけどどうする??」と言われましたが、無謀な私は「とりあえず大学院を受けてみます」と押し切って受験しました、ら見事に落ちてしまいましたwww

駄目だった理由はたくさん思い当たりますが、その時は落ち込んだり反省したりする事もそこそこに必死で今から受験できるところが無いか調べてもらっていました。

そして見つけたのが、ヴィースバーデンの音楽学校。

普段の授業はヴィースバーデンで受けるのですが、試験のときはフランクフルト音大から教授が来て審査に入り、卒業証書もフランクフルトの音大から出るとの事。

ただし、そこは音楽教育学科しか無いので、教育学科の卒業証書を持っていない私は1回生から始めなければいけない。

色々悩みましたが、受験してみる事にしました。

受験前日に初めて見たヴィースバーデンの校舎はとても綺麗で、中央に設置されてるホールも広く、とても気に入りました。

緊張した受験当日、ピアノの実技は上手くいきましたが、筆記試験と面接が非常に心配でした。

結果が来るまで「落ちてたらどうしよう。。」と毎日不安でしたが、無事合格通知が届き、心底ホッとしました。

それが私とヴィースバーデン音楽学校の出会いでした



スポンサーサイト
リンク
夕美子

奈央子

竹形

バナー

bana-.jpg

弟のブログ

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。